ブルーエイド 使い方

ブルーエイドの正しい使い方、上手な使い方についてご紹介。他の使用者の方々の口コミや評価などをも集め公開しています。また、私の気づいたこと注意点などについてお伝えしていきます。

ブルーエイド 使い方 ≫ ブルーエイドの正しい使い方と注意点

ブルーエイドの正しい使い方、上手な使い方についてご紹介。他の使用者の方々の口コミや評価などをも集め公開しています。また、私の気づいたこと注意点などについてお伝えしていきます。


【送料無料】BLUE AID(ブルーエイド)【ブルーマトリクス+ブルービット】

ブルーエイド(BLUE AID)はブルーマトリクスとブルーリビットの2つのクリームのようなジェルで構成されたペニス増大アイテムです。なぜ2つに分けたのか、厳密には分かりませんが、それぞれに特徴的な成分が含まれています。

【ブルーマトリクス成分】
カプロオイルテトラペプチド、オリゴペプチド、アセチルデカペプチドなど

【ブルービット成分】
オタネニンジン、イチョウ葉、センブリ、トウガラシ果実、ショウガ根茎、ニンニク根など


これら2つのジェルに調べてみたところ、ブルーマトリクスが成分の吸収力を高める働きが。ブルービットには血液の流れをスムーズにしてくれる働きがあることが分かりました。あと、ブルーマトリクスには成長ホルモン分泌促進効果もあるようでした。

使い方としてはこれら2つの成分を混ぜ合わせてペニスへ塗り込んで使用します。なぜこの2つのジュエルに分けているかという理由を調べましたが、その理由を見つけることはできませんでした。私が思うに、この2つの成分は混ぜて保存することはできず、使う直前に混ぜることで効果を最大限にできるのではないかということ。強力接着剤がこういう形で売られてますよね。それと同じく効果を高めるための保存方法なのではないかと思います。

効果的な使い方としておすすめなのが行為前に使用すること。行為前と言っても女性との行為の前ということではありません。自分一人で行う時の行為前にペニスに塗り込むといいです。なぜならペニスが充血している時に使うとブルーエイドの成分が浸透しやすいからです。他にはお風呂あがりの直後も体全体が温まり血流が多いのでブルーエイドを塗るのに効果的です。

ブルーエイドは海外から輸入されてきたペニス増大アイテム。結構古くからある製品ということもあり、ネットで口コミなどの声を見つけることができます。2ちゃんねるやランキングサイトなどでその声を見ることができるはずです。

私がネット上で見かけたブルーエイドに対する口コミの声では可もなく負荷もなくという感じの書き込みという印象。まったく効果がないというわけではないのですが、目に見えて効果があったという声も少なめです。2タイプのジェルを混ぜ合わせるという販売方法で注目されがちで、ぶっちゃけ一つにしても良かったんじゃないの?という声も多く、他のペニス増大ジェルとの違いを感じられないようです。

私が使ってみての実際の使用感はまずまずで、塗ることでの気持ちよさはあります。塗る直前に手で混ぜ合わせることで人肌に温まりますので、その点では違和感なく使用することができますね。ここで、ネットで見かけたブルーエイドの口コミをいくつかご紹介していきます。

 今までいろんな精力剤を試してきたのですが、どれを試してみても効果を感じることがなく困っていました。若い頃から短小で悩んでいて、今まではずっと飲むタイプの製品ばかりを試していました。ですので、ブルーエイドのような塗るタイプの製品ははじめてでした。半信半疑で使っていたところ、徐々にムスコが大きくなってきたんです。これでビッグボーイの仲間入りですね。以前よりも1.5倍ほど大きくなっているので妻に見せてみたくなりました。近々、私の方から誘惑してみようと思います。

 妻との大人の楽しみがマンネリ化。どうしたものかと解決策を模索していました。ネットでペニス増大製品を探しているとブルーエイドを見つけ、早速試してみようとその場で申し込みました。ものは試してみないと分からないと購入してみたのですがこれが正解。毎日使っているのですが、みるみる大きくなり、とうとう20センチ近くになってハメるゴムをさがすのにも一苦労。これで奥までつきまくれます。パートナーの反応も今までとは違うのか、見たこともない反応をしてくれます。

 これまで増大サプリばかりで効果を感じられなかったので、塗るタイプのブルーエイドを購入してみました。購入前にいろいろと調べてみても購入する気にならなかったのですが、ボーナスがあることで気が楽になり購入することにしました。すぐにブルーエイドが届き、さっそく使ってみましたが、あまり大きくなっているようには感じられません。とりあえずなくなるまでは使ってみますが、効果がないようならもう使わないと思います。相変わらず復活するまで時間がかかり、ちょっと不満。ブルーエイドなら絶倫になると思っていたのでガッカリしています。

先にブルーエイドの成分や使い方についてお伝えしましたが、いろんなペニス増大アイテムを使ってきた私が感じていることがあります。それは、他の増大アイテムに比べ効果が弱めだということです。

ブルーエイドのようなペニスに直接塗るタイプの製品は即効性があるものが多いです。それらの製品に比べるとブルーエイドの効果はどうしても少なく感じてしまいます。私個人は感じたことはありませんが、ペニスの大きさが倍になったという製品もありました。

ですが、値段あたりの効果、コストパフォーマンスの点から見るとピカイチ!ブルーエイドはコスト面で優れた製品だと思います。経済的余裕の無い方、ペニス増大アイテム初心者やちょっと試してみたいという方の入り口としてはぴったりのアイテムだと思います。

→ ブルーエイドを試してみる!

ブルーエイドは1セット定価額が6,458円。3セット定価が19,375円となっていますが、購入場所によって価格もバラバラ。ですからお得な価格で購入できるところから手に入れることをおすすめしています。直接塗るタイプとして珍しタイプではありますが、誕生したのはアメリカ。2種類のジェルを混ぜて使います。

成分としては水、グリセリン、オタネニンジン根エキス、DPS、カプロオイルテトラカペプチド-3など効果が期待できる成分が配合されています。これら成分や3つの特徴について詳しくご紹介していきます。
 

直接ペニスに塗り込む
ペニス増大アイテムの中でも珍しいペニスに塗るタイプのジェルタイプ製品。公式サイトによるとブルーエイドの利点はペニスに直接塗れること。サプリメントなどは100%体内へ吸収されることはなく、吸収されなかった成分が体外に排出されるそうです。ペニスへ塗り込むと同時にマッサージをすることでさらに血行を良くして効果を高めることができるそうです。

2種類のジェルを用意
2種類のジェル「ブルービット」、「ブルーマトリクス」を用意していてそれぞれ成分が異なります。ペニスに塗る直前に混ぜることで最大の効果を得られるようにしているそう。ブルービットの効果は血行促進・各巻拡張・血流増加。ブルーマトリクスは浸透性を向上させ、細胞増幅の促進、成長ホルモンの活性化の効果があるそうです。

アメリカ発の製品
ブルーエイドはアメリカ「陰茎成長研究プロジェクト」という取り組みで作り出されたもの。アメリカではすでに五万個以上を販売しているそうです。最新の陰茎成長理論を応用したそうですから、珍しい塗るタイプとはいえ期待できそうです。

公式サイトでは確認できなかったのですが、ブルーエイドは血流の増大と成長因子との2つの仕組みを応用してペニス増大を図っているそう。この仕組みが陰茎成長理論というものなのかな?と思っています。この仕組により一ヶ月程度で効果を感じることができるそうです。

Copyright © 2018- ブルーエイド 使い方